中学入試と合格倍率

中学入試と合格倍率について

中学入試をする場合には、自分の志望校に合格する割合はとても気になるものです。
合格できる割合は、学校によってさまざまです。
高い倍率の学校は、5倍や6倍のところもあります。

 

また、2倍にも満たない学校もあります。
中学入試で合格を勝ち取るためには、一般的な学校でのレベルの勉強をしていてもいけないのです。
中学入試をする子供は、学校でも成績が優秀な子供たちばかりです。
そのため、学校では成績がよかったとしても、それぞれの学校の優秀な子供たちだけ集まった場合には、下のほうの学力になってしまうということはよくあることなのです。
それくらい中学入試というのは、大変な世界なのです。

 

中学入試で合格を勝ち取るためには、受験用の勉強をしなければいけないのです。
塾に通ったり、家庭教師をつけたりして学校で習う勉強よりもさらに高いレベルの勉強をしなければいけないのです。
塾では、中学入試専用のコースなどがあります。
自分と同じように受験をする子供たちがたくさんいるので、いい影響を受けながら勉強をすることができます。

 

また、あの子には負けたくない、といったような競争心も芽生え、さらに勉強にも力が入るものなのです。
合格倍率が低い学校を選べば合格する割合は高くなります。

 

しかし、倍率が高い学校を選ぶと、いくら優秀な子供でも落ちてしまう確率が高くなってくるのです。
自分のレベルときちんと合った学校を選ぶことがとても大切になってくるのです。