中学入試と挫折

中学入試と挫折

中学入試は、多くの子どもたちにとって最初の試練となります。勉強して自らの能力を高め、同じ受験生と同じ会場で競い合い、合否を判定されるという経験は、子どもたちにとって大きなストレスとなります。
当然、それまでにも子どもたちは成績や日頃の生活習慣によって、評価を受けています。
しかし、それは例えば小学校であったり、家庭であったり、子どもたちにとって近しい世界の中での評価です。言うならば、その結果がどんなに悪くても、学校に通えないなどということはありません。

 

ところが、中学入試では、自分が受けた評価次第で、希望する中学校への入学を断られます。
多くの子どもたちは、この社会的拒絶を経験したことがありません。子どもたちのストレス、プレッシャーの主な原因は、自分が拒絶されるかもしれないという恐怖心にあります。
初めての挫折を味わう子どもも当然に出てきます。

 

しかし、たとえ中学入試に失敗したとしても、この挫折をバネに伸びる子はいます。挫折をバネに出来る子とは、中学入試に向き合い、勉強をしてきた子、努力してきた子です。
たとえ受験に落ちようとも、学ぶ習慣を身に着け、知る喜びを味わい、試練に立ち向かった経験は、その子にとって大きな糧となります。

 

ですから、中学入試でたとえ挫折を味わうことになろうとも、勉強することは決して無駄にはなりません。
むしろ挫折することがあるかもしれないからこそ、努力することを自身で経験するべきなのです。