中学入試の数学

中学入試と数学

有名な中学を受験するために、そのために塾に通ったり、家庭教師が雇って勉強している方がほとんどだと思われますが、もちろん小学校で習った勉強が中学入試の時に出題されるわけです。
そこで受験科目としては国語や算数がだされるのは当然なのですが、塾や家庭教師たちはこぞって数学を織り交ぜて教えることがあります。

 

しかし、小学校で数学を覚えるのは、まだ早いのではないかと思われるかもしれませんが、実はそうでは無いのです。
数学の考え方はとても理論的で、一つ一つをきちんきちんと解決していなければ解答することができません。

 

小学生で習う算数の場合は、そこまでのこだわりはなく、ある程度暗記していたり、何度か練習しているうちに解ける問題がほとんどです。
ですので中学入試の場合は、非常に難解な問題や複雑な問題が出題されることがほとんどなのです。
算数ではおのずとながら限界があるわけです。

 

そこで、少し早いように感じるかもしれませんが、数学をあえて教えることにより、数学的な発想を身に付けることによって、算数をとくと受験に受かりやすいと言うだけでなく、将来その中学に入って勉強する場合でも、予習をしていることになるので、効果は非常にあると思われます。

 

難しいと思っていても受験のためだと思えば問題ありませんし、実際中学入試で非常に役に立つので数学をならうということはとても大切な事となってきます。
中学入試はそういう意味で受けることだけでもかなり高価があるのです。