中学入試のメリットデメリット

中学入試におけるメリットデメリット

中学入試におけるメリットデメリットはいろいろとあります。

 

中学入試のメリットは、勉強をする癖がつくということと、もしも受験に成功した時、志望している学校に入ることが出来るということです。
達成感もありますし、目標があるので勉強を小学生の時から一生懸命頑張るようになるのです。
競争力もつきますし、毎日、努力をすることもできるようになります。
もしも受験に失敗してしまった時も、中学校に入ってから、勉強する姿勢や計画性がついているので、授業についていきやすくなるのです。

 

デメリットは受験に失敗してしまった時の気持ちの落ち込みや、中学校へ上がってからの気持ち、勉強についてです。
受験に失敗してしまうと、子供は落ち込んでしまいます。挫折を味わってしまうわけなので、なかなか立ち直れなくなってしまうこともあるのです。
もちろん、その挫折を自分の力として頑張っていくことが出来る子供もいます。
中学校へ上がってから勉強することがいやになってしまって、何もしなくなるということもあります。小学校の時に中学入試のための勉強を頑張りすぎたせいか、やる気がおこらなくて授業にもついていけなくなる子供もいるのです。

 

勉強については、中学入試のための勉強はとても特殊です。
中学校で勉強する事柄は出さない上での出題なので、逆に中学校に入学してから、わからなくなってしまうことがあります。
中学入試におけるメリットデメリットはいろいろとあるのです。