中学入試の図形対策

中学入試における図形対策

中学入試において図形問題が苦手な受験生、多いですよね。
受験生の中には、図形問題はセンスが必要だからあきらめて、他の科目の勉強をしている子も。
三角形がいくつも重なったり、図形が折りたたまれていたり…と確かにしかるべき対応をしていなければ手をつけにくい問題であることは確かです。

 

しかし中学入試で必ず出題されるこの問題、確実に得点源にしたいですよね。
そこで図形問題を攻略するための方法についてお話します。
実は特別なセンスや才能のようなものは必要ないんです。

 

まず多くの受験生が悩んでいるのが、「解き方がわからない」ということ。ここでのポイントはいきなり解き方を考えるのではなく順番にステップを踏んでいくことが大切です。
まずは問題文で与えられた条件を丁寧に図に書き入れていきましょう。
もしかしたらこの段階で気付くことがあるかもしれません。

 

次に図の長さや角度が「同じ」部分に注目してみましょう。
実はこれは図の性質や、合同、あるいは相似であるかどうかを見極める際に非常に重要になってきます。

 

ここまでは考えなくても手を動かせばできますよね。
次は実際に頭を使いましょう。
補助線が引ける場所がないかを探してみましょう。
そして実際に公式や定理を使える場所がないかを探していきましょう。
よく言われるのは、「図形問題ではひらめきが必要。」ということば。
しかしひらめきとは生まれ持ってのセンスや才能のことではありません。
ひらめきとは多くの問題をこなしていく中で身に付くものなのです。
つまり図形問題も、計算問題と同じように、日ごろから何回も繰り返して問題を解いていくうちに問題のパターンが分かってくるようになるのです。